ベビ蔵的副業としての不動産投資メリット5選

ベビ蔵です。

私は20代の頃から副業で不動産投資を行なっています。

そこで今回は、ベビ蔵的副業としての不動産投資のメリット5選をお送りします。

1.経済的に安定して自己投資ができる

私が不動産投資を始めてもっとも大きいと感じるメリットがこれです。

若いうちって給与もそれほど高くないし、一人暮らしなんて始めたら生活費で貯金もやっとで自己投資に回すお金って中々捻出できないですよね。

そこで不動産投資の収益から毎月少し自己投資に回します。講演聞きに行くとか、ビジネス書買うとか。

その積み重ねで若いうちにたくさんインプットしてそれをアウトプットすることで徐々に金銭的呪縛から解き放たれます。

2.経営者感覚が身につき本業の評価があがる

これはほとんど予期してなかったんですが、間違いなく評価が上がります。職場の上司や社長から経営者感覚を持てと言われた経験がある方が多いと思いますが、この経営者感覚が間違いなく身につきます。だって実際に不動産事業を経営してるんですから。

もう少し具体的にいうと営業マンだったら商品なりサービスなりを販売しますよね、その時に相手の経営的メリットをより考えながら進める癖がつきます。特にベビ蔵は中小企業相手の営業が多かったので社長などの経営者といきなり話すことも多かったのですが、経営がわかる営業マンは話が早いのか関係構築のスピードが非常に早かったです。

また、経理担当だったら処理する領収書が勘定科目のどこに入るのか、もっと言えばこの経費が売り上げを生んでるのかどうかまで考えるようになります。

上記のような視点を持って仕事している人と何も考えないでただ買ってくださいと営業したり、言われるがままに経費処理をしているのでは、成長度合いが大きく変わってくるんですね。

事実、元営業マンだったベビ蔵は不動産投資を始めてから、営業成績が向上して、周囲に先駆けて抜擢人事で出世しました。不動産投資で副収入が増えて、本業の給与もアップと言うことなしです。

3.他の投資に比べて圧倒的に手間がかからない

不動産投資はアウトソーシングできる要素が非常に多いので、他の投資に比べて日常の手間がかかりません。特に新築や築浅物件だと入居率が安定してますし、設備も更新する必要がほとんどないので、毎月の出入金管理と確定申告だけしかしない年もありました。

株やFXだと日々の取引やリバランスなどあるので、こうはいかないので忙しいサラリーマンの副業として非常にオススメです。

4.人脈が広がりやすい

アウトソーシングできる話にも繋がるんですが、不動産投資は現物が存在するのでどうしても人の手が必要です。そこをチーム化することが重要なのですが、このチームから人脈が広がっていきます。

5.リスクを時間で希釈できる

これが不動産投資の最大のメリットだと思うのですが、リスクを時間で希釈できます。

不動産投資はローンを借りて行うことができます。それも25年や35年の長い期間で組むことが可能です。

例えば30歳で買って25年ローンが終わっても55歳、35年ローンでも65歳です。この間家賃収入を大きく取り崩さず貯めていれば定年時に支払いの終わった不動産が手元に残ります。

こうなるとほぼノーリスクです。あとは早期退職してもいいし、定年延長で自分のペースで働いてもいいし選択肢は自分の手の中です。

未来は僕らの手の中を地で行けます!

まとめ

不動産投資にはメリットがたくさんあります。

始めたいと思った日が吉日です、皆様に幸運がありますように。

今回はここまでっ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる