不動産投資、始めようと思ったらまずは宣言しよう!

どーもベビ蔵です。

「不動産投資興味はあるけどどうやって始めて良いか、わからない!」

なんて方多いんじゃないでしょうか。

そこで、今回は不動産投資を始めやすくするコツについてお話しします。

その前に不動産投資のいい物件の仕入れ方について合わせて説明します。

私は、初めての不動産投資のいい物件の仕入れは紹介に頼った方がいいと思ってます。

ガツガツ営業する不動産業者に注意

不動産業界って基本的にはクローズな市場であり、売ろう売ろうとガンガン営業かけてくる時点で結構怪しいと思ってます。というのも営業マンを雇って営業してるってことは物件の値段に営業マンの経費がすでに折り込まれていて結果として割高なんですよね。

いきなりそんな物件掴むと資産形成スピードが遅くなるので注意が必要です。

紹介が最強だと思う理由

不動産投資は投資スキームの中に銀行融資が含まれるので、ディベロッパー側としても支払いが滞ったりすると金融機関の心象が悪くなり、次のオーナーの融資付けに苦労するわけです。

なので、売れれば良いわけじゃなくきちんと運用をして返済を滞らせないオーナーが望ましいわけです。

そうであれば信頼しているオーナーからの紹介の方がリスクが低いという判断になります。

紹介っていうのはオーナーサイド、不動産ディベロッパーサイドの両方にメリットがある方法ということがお分かりいただけたと思います。

だから宣言しよう

そこで宣言すること重要になってきます。

友達を6人辿れば世界中の人と知り合いになるという言葉があるように、自分の知り合いに紹介できる人がいなくても、知り合いの知り合いならば不動産業者を紹介できるという話になると思います。

不動産投資を始めようと思ったあなたはいますぐ宣言してみましょう。

今日はここまでっ